観光バスで京都旅行を楽しむ

subpage01

最近では円安の影響もあってか中国や韓国などのほか諸外国の旅行者も増えて京都本来の風情も薄れてきています。

とは言っても外国人の比較的少ない時期になればまだまだ堪能できる、名所はあります。

毎日新聞に関する有益な情報をご紹介いたします。

比叡山や大原とか嵯峨野あたりはまだまだ日本人としての素朴な観光ができます。

京都のバスツアー情報がさらにわかりやすくなりました。

これからの季節の冬の京都はオフシーズンですから外人や修学旅行の生徒たちも少なくなって落ち着いた大人の京都があります。この地ならではの京料理も堪能できます。観光バスですと、日帰りツアーだと自由時間もありませんが、宿泊コースで自由行動ができれば裏京都と言うべき穴場も発見することもできますね。


観光バスのコースもいろいろな目的別にあわせて設定されていますので、比叡山とか大原とか寺院仏閣めぐりとかなら仏教には興味をしめさない外国人も少なくてすみます。
完全に観光かしている清水寺とか大覚寺もいいですが、観光バスでは予算に合わせられる旅行ができるところが醍醐味になります。


これからの季節は川床遊びはちとつらいですが、舞妓さんとお座敷遊びは、普段できない体験が味わえたりしますのでやはりお勧めですね。

とにかく名所と言われる場所が広いですから、京都に着いてから定期観光バスを利用することでプライベートでも効率よく利用できる配慮もされていますので運転手に相談しながら廻られてみることもお勧めとなります。